株式会社イー・アイ・ソルのリエンジニアリング

株式会社イー・アイ・ソルでは、プロダクト開発に於ける、リエンジニアリング+αを行っています。
リエンジニアリング = リバースエンジニアリング + フォワードエンジニアリング
と大別されますが、株式会社イー・アイ・ソルでは一括して分析~再構築の実績があります。

リバースエンジニアリング

既存のシステムを解析して設計情報を取り出す
⇒ スコープ定義、ユースケース、品質要求定義、要求仕様抽出、メトリクス分析、静的解析による弱点分析・・・等

フォワードエンジニアリング

それらによって得られた知見に基づいて新しいシステムを再構築
⇒ 要求仕様から試験仕様の策定、要求仕様と現行コードとの品確、コードリファクタリング・・・等

+α

足りないプロセスの補完、新規規格準拠など
⇒ 従来のものをそのまま移植、利用するのではなく、潜在的不具合の発見、試験項目の欠落箇所指摘、新規規格への準拠など新システムの価値を高めます。

リエンジニアリングを行う理由

リエンジニアリングには、お客様それぞれの御都合があります
・ 現システムは、古いOSのままなので最新の環境に移植したい。
・ H/Wが新しくなるので、アプリケーションを移植したい。
・ 新規システムだが、アルゴリズムは旧システムと同じものを作りたい。
・ 新しい通信プロトコルパッケージを導入して制御したい。
・ 業界で最新の規格に準拠させたい。
・ 現役稼働しているシステムだが、既存システムの開発・保守文書が無い
・ 1Chipマイコンから、Windowsに移植したい。
・ 作り直すついでに、品質・性能を向上させたい。
・ 機能追加もしてほしい
様々なジレンマを抱えた開発現場の混乱を整理する為、お客様と一緒に側面支援をさせて頂くのが、株式会社イー・アイ・ソルのリエンジニアリングです。

株式会社イー・アイ・ソルでは、こんなことができます!

コードリファクタリングの手法/方式をニーズに沿った形で提案します。
・ 関数の行数の最適化
・ 呼び出し関係の単方向化
・ 大きな関数の分割
・ グローバルなデータの配置、宣言、利用方法の最適化
・ 関数の隠蔽化
・ 関数、変数の命名則の徹底
・ 整理前/整理後での等価性評価
再構築や最適化は、様々な手法がありますが、お客様の御都合に合わせた手法を御相談の上、再構築を御提案致します。

V&V(Verification and Validation)に則った、開発プロセスの様々な工程の最適なアプローチを提案します。

※「V&V」とは、検証及び妥当性確認モデルを示します。

作業工程の例

      Phase1 Phase2 Phase3 Phase4
Period1 Period2 Period3 Period4 Period5 Period6 Period7 Period8
CPU-1 要求分析 USDM作成                
CPU-2 コードレベル 診断用環境構築                
命名則の適用・定着                
静的ツール解析・対応                
自動文書生成                
構造・整理 即値コード改善                
ラップアラウンド                
Global→Static                
データ構造整理                
モジュール関係整理                
品質・性能 制御条件                
制御タイミング                
制御範囲                
継続的運用 等価性評価連続試験                
試験結果比較                
共通部   統合型試験環境                


株式会社イー・アイ・ソル
〒108-0014 東京都港区芝5丁目33-7徳栄本館ビル8F
TEL:03-6722-5040 FAX:03-6722-5041

Copyright © E.I.SOL All rights reserved.