FSV用ダイカスト金型温度管理用ソフトウェア

ダイカスト金型温度管理に特化した専用ソフトウエア

アピステ社のサーモグラフィFSV-1200、FSV-2000を対象とした、専用ソフトウエアとなります。
サーモカメラを使用する事で、非接触かつ多点(320×240点以上)で管理する事が可能です。金型の温度管理を行う事は、品質管理の重要な一つとなります。本ソフトウエアには、ダイカスト金型温度管理に必要な機能が既に搭載されている為、購入したその日から、温度管理の自動化が可能となります。 オンラインでの計測・判定用ソフトウエア、保存データの再生・解析用オフラインソフトウエアをご用意しております。

機能追加を行う事で、PLCとの連携も図る事が可能となる為、現在のシステムへの増設も可能となり、統合的なシステム構築が可能となります。


ダイカスト金型温度管理用ソフトウエア8つのポイント

アピステ社サーモグラフィ 2台対応
FSV-1200、FSV-2000対応。
2台同時に1つのPC・ソフトウエアで撮り込み・計測・解析・判定が可能となります。

必要となる機能は標準搭載
最大10点のエリア・ポイント指定。
各エリア・ポイントに平均、最大、最小が個別にエラー設定可能。
基準サーモ画像と現サーモ画像の差分表示機能も標準搭載。

トリガ入力、エラー出力も標準搭載
FSV用コントローラを使用し、トリガの入力、エラー信号の出力が可能です。

トータルコストの削減。短期間での自動化システム構築
多数の標準機能が既に搭載されている為、ゼロからシステム構築を行う必要がなく、大幅なコストダウン、構築時間の短縮を実現します。

用途に合わせた2種類のラインナップ
リアルタイムに計測・表示・判定処理を行うオンラインソフトウエア。
保存された画像とデータを撮り込み、再生、再解析等を行い、再現性の確認やパラメータの検討を行う事が可能となる、オフライン解析用ソフトウエア。上記2種類のラインナップをご用意。

PLC・サーバー等上位装置との通信
製品情報・番号やパラメータの撮り込み、トリガの取り込み等PLCや上位装置との通信が必要となる際には、カスタマイズで対応可能です。
これにより、PLCからの取り込みはもちろんの事、流量側のPLCとの通信や、エラー等の出力もPLCに対して可能となり、統合的なシステム構築が可能となります。

ソフトウエアは、LabVIEWベース
本ソフトウエアは、LabVIEWにて製作しております。これにより、NI社の多数のハードウエアを使用したシステム構築も可能となります。

カスタマイズ対応
標準機能以外の機能と搭載したい際には、カスタマイズ対応しております。
ポイント数の増設、他信号の計測や出力、判定処理の追加等々、お客様独自の機能を追加したい場合には、株式会社イー・アイ・ソルにてカスタマイズを行い、出荷致します。

システム構成例

標準搭載機能例

設定 可動型・固定型個別設定
各種カメラ設定
測定エリア任意10点(マウス操作により)
測定ポイント任意10点(マウス操作により)
差分マスター画像登録
金型等型番入力
エラー設定 エリア10点のMAX、MIN、Ave個別設定
ポイント10点のMAX、MIN、Ave個別設定
エラー回数
冷却前・冷却後個別設定
保存
検査データ保存(※ SHOT番号ファイル名)
メイン 最大60fps
可動型・固定型のサーモカメラ画像表示
差分画像表示
ステータス表示(測定中・トリガ待ち)
検査回数表示
型番表示
トリガ検出後1枚計測
エラー時 エラー画像保存(JPG形式、fsx形式)
環境 画像サイズ:1366×780
OS:Windows XP・Windows 7、Intel core-i5以上
水晶環境:メモリ:4GB以上、HDD:320GB以上

ソフトウエア

オンライン版
金型温度管理に必要となる機能を標準搭載。リアルタイムに計測・判定・保存を可能とする、オンライン版ソフトウエア。カスタマイズする事で、既設PLCとの通信が可能。車種・型番等の取り込みから、エラー出力等まで、双方向での通信が可能となります。
オフライン版
オンライン版で保存されたデータを解析する為のオフラインソフトウエア。判定パラメータの検討や、エラーデータの解析、現象の再現確認等、サーモグラフィが接続されていないデスクのPCで、各種解析が可能となります。カスタマイズ可能。



株式会社イー・アイ・ソル
〒108-0014 東京都港区芝5丁目33-7徳栄本館ビル8F
TEL:03-6722-5040 FAX:03-6722-5041

Copyright © E.I.SOL All rights reserved.