据置型(BF)

機能

以下、代表的な機能のご紹介です。
データ収録ソフトウエア(オンラインソフトウエア)
音の可視化機能

・25fpsリアルタイム可視化動画表示
・最大音圧(dB)測定及び表示
・可視化表示のオート/マニュアルスケール設定
・最大音圧場所表示・追従機能
・ビームフォーミング平均化処理


計測

・マイクデータ計測(25.6KHz)
・マイク生データ表示
・リアルタイムFFT表示
・Gigabit Etherカメラ測定(30fps)、表示


フィルタ

・バンドパスフィルタ


データ保存

・マイク生データ(全チャンネル) ※再生ソフトウエアで使用。
・動画 ※再生ソフトウエアで使用。
・可視化動画保存(AVI形式)
・静止画(jpg形式)
→dB設定により、設定値以上を検知した際の静止画保存機能。
一瞬しか発生しない異音を逃しません。


マイク用キャリブレーションファイル読込

マイクのキャリブレーション値を、外部ファイルとして読み込みます。
これにより、様々なマイクが使用可能となります。使用マイク数それぞれに設定します。


マイクロフォンアレイ用マイク位置(座標)設定ファイル読込

マイクロフォンアレイのマイク配置に伴い、マイク位置の座標を指定します。
これにより、様々な配置のマイクロフォンアレイに対応可能となります。


可視化表示マッピング設定

ビームフォーミング方式は、距離に依存します。
マイクロフォンアレイと対象物との距離を設定し、その距離に応じたカメラの視野角を設定する事で、仮想平面処理、マッピング処理を自動算出します。
遠い距離でも、可視化が可能になります。
例えば、エンジンの回転を計測し回転数に応じた音の発生場所の特定。例えば、加速度ピック
アップを同期計測し、振動と音の発生場所の関連を調査。
株式会社イー・アイ・ソルの可視化装置は、それらの追加機能を実現します。


再生ソフトウエア(オフラインソフトウエア)
再生

・25fpsリアルタイム可視化動画表示
・最大音圧(dB)測定及び表示。
・可視化表示のオート/マニュアルスケール設定。
・最大音圧場所表示・追従機能
・ビームフォーミング平均化処理
・コマ送り/コマ戻し(40msごと)
・収録波形との同期再生 


表示

・可視化動画
・マイク生データ(任意の1ch)
・FFT(上記で指定した1ch)


500Hz~2,000Hz。タイヤ下に発生源

500Hz~2,000Hz。タイヤ下に発生源

バンドパスフィルタによる再生機能

・同一データのバンドパスフィルタを設定する事で、周波数帯域に応じた再生が可能となります
・切り出し処理は、cRIOで行う事により、Windowsソフトで行う場合の1/10の速度で、高速に行う事が可能です。


5,000HZ〜6,000HZ。タイヤ下以外にも、右側の真ん中(モータ)に発生源

  

  




株式会社イー・アイ・ソル
〒108-0014 東京都港区芝5丁目33-7徳栄本館ビル8F
TEL:03-6722-5040 FAX:03-6722-5041

Copyright © E.I.SOL All rights reserved.